5月24日(日)第58回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

今日も特別版として、「いいお話でほっとしてください」をテーマに お届けします。
稲葉さんは、美しい日本語を魂を込めて伝えたいということで、心に届く素敵なストーリーを朗読する大人のための読み聞かせ会「朗読女子LUCE」を主宰しています。今回は、今にピッタリの物語、明治から昭和にかけて活躍された小説家、林 芙美子さんの「鶴の笛」を「朗読女子LUCE」のメンバーと一緒に朗読しました。
◆朗読メンバー
稲葉寿美、岩田史子さん、近藤直美さん、中津友里さん



◆音楽
Qu-ki アルバム「LIFE」より

「朗読女子LUCE」WEBサイト

美しい日本語を魂を込めて伝えたいという稲葉さんがオススメするのは“言葉遊び”です。言葉遊び自体、世界各地で楽しまれている遊びですが、日本語は特に“言葉遊び”がしやすいと言われています。例えば、同音異義語が多く、漢字と仮名を使った表記方法も独特で、昔から俳句、短歌、川柳など、言葉の美しさや遊び心を表現することが文化として根付いています。他にも、しりとり、ダジャレなんかも“言葉遊び”の代表ですよね。

フリーアナウンサーの稲葉さんとしては、やはり発声や滑舌の練習として声に出す“言葉遊び”、早口言葉がオススメです。「生麦生米生卵」、「東京特許許可局」など、古典的なモノから、ニュース原稿にも出てくる「骨粗鬆症」、「高架橋橋脚」など、言いにくい言葉を3回連続で言うという、皆さんご存じの遊びです。

◆今回の例題
「お綾や親におあやまり」
「新設 診察室 視察」
「除雪車 除雪 作業中」
「すももも ももも もものうち」
「日本銀行 特別特許 国庫局」
「シャンソン歌手 総出演 新春シャンソンショー」
「隣の竹垣に竹立てかけたのは竹立てかけたかったから竹立てかけた」

詳しくはオンエアをチェックして下さいね。


■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2020/05/24
5月17日(日)第57回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

まだまだ新型コロナウイルスの影響で、不安な日々を過ごされている方が多いと思います。『Vintage Life Stories』としては、少しでも皆さんにパワーを お届けしたい!ということで、5月は特別版で お送りしています。そこで、今週のテーマは、「女子力いっぱいの音楽の世界でパワーをもらおう」。以前、番組にもご出演いただいたアーティスト、シンガーソングライターのYUUCAさん、そして、ジャズピアニストのMasaco西嶋さんに電話でご出演いただきました。


詳しくはオンエアをチェックして下さいね。


■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2020/05/17
5月10日(日)第56回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

まだまだ新型コロナウイルスの影響で、不安な日々を過ごされている方が多いと思います。そんな時は、おうちの窓を開けて、ちょっと気分転換、気持ちの良い5月を感じるのも1つかもしれませんね。そこで、今回の『Vintage Life Stories』は、前回に引き続き、特別版として お送りします。「気持ちの良い5月を感じる!」をテーマに、気持ちの良い野球人生を送られている、野球評論家の小松 辰雄さんに電話で ご出演いただきました。そして、番組後半は、稲葉さんの朗読とワインのお話をお届けしました。
詳しくはオンエアをチェックして下さいね。


■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2020/05/10
5月3日(日)第55回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。


さて、新型コロナウィルス感染拡大を防止するため、様々な取り組みが行われていますが、先の見えない不自由から、“コロナ疲れ”という言葉も出てきました・・・。そこで、今週の『Vintage Life Stories』は特別版として、そんなコロナに負けない言葉を、リスナーの皆様に お届けしたいということで、稲葉さんがお願いし、快く引き受けて下さったお二方に電話でご登場いただきました。
まずは、2010年に発表した小説「首都感染」が、予言書として話題となっている作家の高嶋哲夫先生。そして、稲葉さんも大ファンである歌舞伎役者の片岡愛之助さんです。
詳しくはオンエアをチェックして下さいね。


■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2020/05/03
4月26日(日)第54回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

今回お迎えしたゲストは、東海旅客鉄道株式会社・名古屋セントラル病院の院長で、名古屋大学 名誉教授の中尾 昭公さんです。

中尾先生は、岐阜県恵那市の お生まれで、名古屋大学の医学部を卒業、5年間の一般外科の外科医としての勤務を経て、名古屋大学で臨床を行いつつ、31年間、教鞭を執ります。そして、2011年から現在の名古屋セントラル病院の院長に就任。名古屋セントラル病院は、名古屋鉄道病院、JR東海総合病院を前身に、長年に渡り名古屋市中村区を中心とした地域医療への貢献を果たしてきた病院で、先生は、消化器外科で、肝臓・胆嚢・膵臓の手術を中心に、外科全般の執刀を行っています。特に、がんの中で最も治療が難しい膵臓がんの手術に関して世界的な権威なんです。さらに、外科医師の育成のため、若手外科医への手術の指導も積極的に行っています。そんな中尾先生の味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ・アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。

詳しくはオンエアをチェックして下さいね。


■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2020/04/26
井村屋グループ
井村屋
朝日屋