4月14日(日)第2回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

今回は番組初となるゲストをお迎えしました。
お迎えしたのは、創業111年目を迎えるグローバル企業で、オフィス・家庭用のプリンターや家庭用ミシンをはじめ、工作機械や工業用ミシン、産業用印刷機器、通信カラオケシステムなど、幅広い分野で製品やサービスを提供する、ブラザー工業株式会社の代表取締役会長、小池 利和さんです。

小池さんは、1979年にブラザー工業に入社。その後、1982年、アメリカ・ニューヨークのブラザーインターナショナルコーポレーションに出向、同社長を経て、2007年からブラザー工業の社長に就任。そして、去年6月、代表取締役会長に就任されました。

アメリカ滞在は実に23年半で、社内ではテリーさんと呼ばれる、国際派の小池さんの味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ・アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。


★今回のヴィンテージアイテム
2005年から2017年ものの小冊子
「テリーの徒然日記」
小池さんが社内向けに発信しているブログをまとめた小冊子。ちなみに、テリーというのは、小池さんがアメリカに駐在していた時のニックネームなんだそうですよ。
詳しくはオンエアをチェックして下さいね。

■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2019/04/14
4月7日(日)第1回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

初回放送の今回は、パーソナリティ:稲葉寿美のヴィンテージアイテムをご紹介しながら、そのプロフィールをご紹介しました。

今回のヴィンテージアイテム「表彰状」。
この表彰状がきっかけで、稲葉寿美はアナウンサーの道を目指すことになりました。
詳しくはオンエアをチェックして下さいね。

■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2019/04/07
稲葉寿美のVintage Life Stories番組紹介

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。

番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

 

2019/04/04
稲葉寿美プロフィール
【稲葉寿美】
フリーアナウンサー(元東海テレビアナウンサー) 
【出身】:宮城県仙台市  
【趣味】:ゴルフ、料理、読書、ワイン 

東海テレビ時代(1989年~2007年)
スポーツキャスター(ドラゴンズHOTスタジオ、ドリーム競馬、野球中継、マラソン、ゴルフ等)、また情報番組(ぴーかんテレビ)のメイン司会など多くのレギュラーを持ち、18年間勤務の後、独立、2007年~フリーとなる。テレビ愛知の東海の企業リーダーインタビュー番組「NEXT」にて数多くの経営者と対談。BSジャパン「Brilla TV」、TBS「UTAGE」ナレーションなど。現在、三重テレビ「とってもワクドキ」キャスター、豊田ひまわりネットワーク「週間地域ジャーナル」司会

「話す」についてのあらゆることを事業とする㈱INANA(イナナ)エンタープライズを2007年設立し、代表取締役社長に就任。講演活動、セミナー講師などを行う。
著書「いつも選ばれる人の会話ルール55」すばる舎リンケージ
中部大学客員教授 
日本ソムリエ協会ワインエキスパート 
アカデミー・デュ・ヴァン講師
朗読女子LUCE主宰
2019/04/04
三重交通グループ
油そば専門店 歌志軒
朝日屋
このページのTOPへ