8月9日(日)第68回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

今回お迎えしたゲストは、ファッションからコスメまでトータル美を実現する名古屋市昭和区の「パリ発!セレクトショップAngel」のオーナーで、有限会社アンジェルの代表取締役、藤崎 香織さんです。

藤崎さんは山口県出身、福岡育ち。学生の頃から「いつかパリに行きたい!憧れの美しいマダム達のファッションを この目で見てみたい!」と、夢を抱きながらも短大を卒業後は銀行に就職。ところが、とある企業の社長さんにスカウトされたことが きっかけで、なんと憧れていたファッション業界へ入ることに。1995年、26歳の時、名古屋市昭和区でアンジェルさんを起業して、仕入れを行うため1人でパリに旅立ちました。それから年の半分はパリ、半分は日本の往復生活が25年。その間には、手作り天然ハーブ石けんのプロデュースやオリジナルのナチュラル基礎化粧品の販売、また、日本の美、日本の伝統文化をフランスへ向けて発信も行っています。そんな藤崎さんの味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ・アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。
※リモート収録です。
詳しくはオンエアをチェックして下さいね。

■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2020/08/09
8月2日(日)第67回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

今回お迎えしたゲストは、名古屋でイタリアンレストランを中心にワインダイニングを展開する、株式会社Miproviniの代表取締役、山口太郎さんです。

山口さんは、ミッドランドスクエアの「エノテーカ・ピンキオーリ」さんをはじめ、数々の現場で経験を積まれます。そのため店舗に対するこだわりが人一倍ある実力派。そして、独立されたのが2012年、名古屋市東区泉に1号店となる「イタリア料理とワイン Vini Del BOTTEGON」をオープン。その後も様々な苦労を乗り越え、現在は、「BISTRO GORILLA」、「料理 うめもと」、「ENOTECA BOCCADAMA」、「炭火焼肉 希林」の5店舗を運営。そんな山口さんの味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ・アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。

※写真撮影用にマスクを外しています。
詳しくはオンエアをチェックして下さいね。


■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2020/08/02
7月26日(日)第66回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

さて、今回お迎えしたゲストは、東海地区のエリア情報誌「月刊KELLy」や多くのMOOK本などを発行、30年以上にわたって東海エリアの出版メディア業界をリードする、株式会社ゲインの代表取締役会長、藤井 英明さんです。

藤井さんは長野県のご出身で、名古屋とのご縁は、1969年(昭和44年)、19歳の時に予備校に通うためでした。そして、名古屋駅前にあったジャズ喫茶でアルバイトを始めて、独立されたのは1987年(昭和62年)、「街の情報を集め分析し流通する」事業を目的に株式会社ゲインを創業。ただ、それまでは飲食業の経験しかなく出版業は初めてで、また、37歳の独立ということで資金も乏しく、創業当時は、まさに自転車操業だったそうです。しかし、意義のある事業だからと多くの方からの応援もあり、様々な苦労を乗り越え、創業と同時に創刊した「月刊KELLy」は、東海エリアの女性から絶大な支持を集める情報誌となりました。そんな藤井さんの味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ・アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。

詳しくはオンエアをチェックして下さいね。

■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2020/07/26
7月19日(日)第65回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

さて、今回は、元中日ドラゴンズの投手で、現在は野球解説者として活躍されています、鹿島 忠さんにリモートでお話を伺いしました。

鹿島さんは鹿児島県 薩摩川内市の ご出身で、高校時代は夏の甲子園に2年連続で出場。鹿児島鉄道管理局から1982年にドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。現役時代は、星野 仙一監督に安定した投球を買われ、右投の中継ぎ投手として1988年のリーグ優勝に貢献するなど、球団の歴代10位となる405試合に登板しました。1996年に14年間の現役生活を引退された後は、中日ドラゴンズで星野監督の側近として、楽天ゴールデンイーグルスでは野村監督の側近として投手コーチを務めました。そして、現在は野球解説者として活躍する中、母校の鹿児島実業高校などで臨時の投手コーチも務める・・・そんな鹿島さんの味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ・アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。
詳しくはオンエアをチェックして下さいね。

■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2020/07/19
7月12日(日)第64回放送

人は歳を重ねるごとに輝きを増す。人は時が経つにつれて味わい深くなる。年月をかけたからこその素敵な人生のストーリー。

この番組は、東海エリアで活躍する経営者·文化人·芸能人の皆さんをゲストにお迎えし、仕事や趣味、想い出のページをめくりながら、味わいのある想い出の品、“ヴィンテージ·アイテム”を通して、人生のストーリーを紐解いていきます。番組パーソナリティは、フリーアナウンサー・稲葉寿美がつとめます。

さて、先月から新型コロナウイルス対策の規制緩和が進み、本格的な経済の再開に向けて、人や企業が動き始めましたね。また、様々なスポーツ活動やイベントも再開しています。そこで、今週の『Vintage Life Stories』、番組前半は、稲葉さんも審査員として関わっている、アジア最大のワイン・コンペティション「“SAKURA” Japan Women’s Wine Awards」の話題を、イベントで審査責任者を務める、一般社団法人 ワインアンドスピリッツ文化協会の代表理事、田辺 由美さんに、リモートでお伺いしました。

◆“SAKURA” Japan Women’s Wine Awards WEBサイト

そして、経済の再開に伴い、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンス、3密を避けるなど、新型コロナへの感染予防を日々の暮らしに取り入れた「新しい日常」が求められています。番組後半では、新型コロナウイルスと賢く付き合う情報サイト「OPEN THE DOOR」で動画などの監修をされています、免疫学者で、ペンシルバニア大学 准教授の上林 拓さんに、新型コロナの正しい知識をリモートでお伺いしました。

◆OPEN THE DOOR WEBサイト
詳しくはオンエアをチェックして下さいね。

■ radikoタイムフリー ■
☆オンエアを1週間限定で聞くことができますよ!
radiko:稲葉寿美のVintage Life Stories配信

2020/07/12
井村屋グループ
井村屋
朝日屋