1月18日 放送分
1月18日 放送分

今年度は、これまでクラシックの基礎を理解して
頂くためのシリーズをお送りしています。
後半もこのシリーズを展開しています。

今週は、マーシー山本の独断と偏見による
《三大交響曲》をお送りします。
マーシー教授が取り上げる《三大交響曲》とは?

M1 ハイドン 作曲
【交響曲第94番ト長調「驚愕」第2楽章】 
管弦楽:バイエルン放送交響楽団
指揮:カルロ・マリア・ジュリーニ

M2 モーツァルト 作曲   
【交響曲第40番ト短調 第1楽章】
管弦楽:ザルツブルク・モーツァルテルム管弦楽団
指揮:ハンス・グラーフ

M3 ベートーヴェン 作曲   
【交響曲第5番 運命 1楽章】 
演奏:チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団
指揮:デイヴィッド・ジンマン

M4 ベートーヴェン 作曲   
【交響曲第九番 ニ短調 第4楽章 歓喜の歌】 
管弦楽:フィラデルフィア管弦楽団
指揮:リッカルド・ムーティ        

M5 ベートーヴェン  作曲    
【交響曲第10番】
オーケストラ:ロンドン交響楽団
指揮:ウィン・モリス

ME ベートーヴェン 作曲   
【交響曲第5番 運命 1楽章】冒頭 
演奏:チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団
指揮:デイヴィッド・ジンマン

~クイズ(作曲者は誰だ?)~

M6 マーラー 作曲  
【 交響曲第5番 1楽章 】
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:サイモン・ラトル

M7 マーラー 作曲  
【 交響曲第9番 第4楽章 】~最後
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:サイモン・ラトル

M8 マーラー 作曲  
【 交響曲第10番クック版第1楽章 】冒頭~
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:サイモン・ラトル

M9 マーラー 作曲  
【 交響曲第10番クック版第1楽章 】中間部
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:サイモン・ラトル

《今週は残念ながら・・・【三大交響曲】まで
お届けできませんでした》

皆さんもマーシー教授が取り上げたかった
3っつ目の交響曲は《誰の、何番の交響曲》だったのか?
推理してお送りください!


※ 藤原歌劇団 歌劇「リゴレット」告知      

BGM  ヴェルディ 作曲
【 歌劇「リゴレット」~第3幕:風の中の羽のように(女心の歌)】
 テノール:アルフレード・クラウス 
 フィルハーモニア管弦楽団 
 指揮:ユリウス・ルーデルでした。  

         
おはクラ出張学校訪問
番組の中でもお知らせしていた『おはクラ出張学校訪問』で、門弟山小学校にお邪魔してきました♪



この模様を2月15日土曜日のおはクラの中で放送予定です!

是非聞いてみてくださいね♪

オーケストラの生演奏をキラキラした目で見ながら体を揺らし、全身で楽しんでくれた子ども達の姿にジーンとしたよ!

オーケストラの生演奏で歌う校歌もとても素晴らしくて、涙が出ました。出産してから涙腺が緩みまくりな今日この頃…。

是非またコンサートに来てくださいね♪クラッシックは良いぞ〜♪♪♪ 
1月11日分「作曲者は誰だ~!?」
1月11日分「作曲者は誰だ~!?」

今週の「作曲者は誰だ~!?」は

1番 ベートーヴェン  2番 ブラームス
  3番 シューベルト  4番 モーツァルト

この問題に正解の方には
お正月ですので 50点!! 差し上げます!

佐井さんは 4番「モーツァルト」を選びました。

さて、あなたは何番? 

ヒントは・・・大定番曲です。

このコーナーの参加を迷っている方、遊び気分で結構です。
一度ご自身で参加して楽しんでみませんか?

皆さんのご参加お待ちしています。


1月4日の「作曲者は誰だ~!?」は
出題曲のタイトルにもなっている《都市名》を
当ててくださいでした。

1番 パリ  2番 ロンドン
  3番 ローマ  4番 ウィーン

正解は4番 ウィーン でした。

佐井さんは 4番「ウィーン」を選びましたので
正解でした。

この問題に正解の方には
70点!! 差し上げます!


曲は シュランメル 作曲
【ウィーンはいつもウィーン】
演奏:クラシカル・ウィーン・シュランメル四重奏団


クイズの参加、お申し込みはこちら

FM愛知ホームページ 
メッセージ & リクエストのページからお願いします。

https://fma.co.jp/f/request/

ラジコタイムフリーを聴けば、聴き直しができますので
放送時間にメモを取れない方には強い味方です。

※ 「おはクラ名人」になると、マーシー山本、佐井さんにも会える
プライベート演奏会にご招待です。


 ※注意 応募には本名・ご住所・電話番号を
     忘れずに書いてくださいね。
   
 ※  締め切りは放送の前日までです。

        
1月11日 放送分
1月11日 放送分

今年度は、これまでクラシックの基礎を理解して
頂くためのシリーズをお送りしています。
後半もこのシリーズを展開しています。

今年は2020年という事で・・・今年没後100年を迎えた              
「ブルッフ」を特集してみたいと思います。                
「ブルッフ」は以前も取り上げた事がある作曲家ですが、
今回はどんな視点から展開するんでしょうか?

M1 ブルッフ 作曲  
【ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 第2楽章】 
ヴァイオリン:マキシム・フェドトフ
演奏:ロシアフィルハーモニー管弦楽団
指揮:アルフレッド・ウォーレンスタイン

M2 ブルッフ 作曲   
【スコットランド幻想曲 第3部】
冒頭~
ヴァイオリン:諏訪内晶子
演奏:アカデミー室内管弦楽団
指揮:ネヴィル・マリナー

M3 ブルッフ 作曲   
【スコットランド幻想曲 第3部】
 一部
ヴァイオリン:諏訪内晶子
演奏:アカデミー室内管弦楽団
指揮:ネヴィル・マリナー

M4 ブルッフ 作曲   
【スコットランド幻想曲 第3部】
 冒頭~
ヴァイオリン:諏訪内晶子
演奏:アカデミー室内管弦楽団
指揮:ネヴィル・マリナー

M5 作曲:ヘンリー・ビショップ 作詞:ジョン・ハワード・ペイン
【埴生の宿】
アンサンブル:キングズ・シンガーズ


~クイズ(作曲者は誰だ?)~


M6 ブルッフ 作曲  
【 交響曲第1番 第1楽章 】
演奏:ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団
指揮:ジェイムズ・コンロン

※ 半田ガラコンサート 告知      

BGM 松下奈緒   
【 brillante 】
ピアノ:松下奈緒でした。  

          
あけましておめでとうございます

新年おめでとうございます!



今年もママ業も妻業も佐井祐里奈業?!も
全力で頑張っていきたいと思いますっ♪

母になったことで毎日学びが多いですっ

大変なことももちろんありますが、それ以上の喜びと幸せをかみしめて生活していきます!

息子も今月で6ヶ月…

あっという間だなぁ〜!

可愛さは増していくばかりっ笑


私は今年でアナウンサー10年目!

10年続けてこられたことに感謝です。

とにかく周りの環境に恵まれています。

ありがとうございます!

おはクラもますますパワーアップしていきますよ♪


本年もよろしくお願い致します。
このページのTOPへ