チャンス!!!

再試だぞ〜!!
佐井だけに!!

再試だぞー!!!


レポート(感想)提出でなんと100点ゲットのチャンス!


なかなかないよ?!(多分笑 )

「曲のタイトルがサン=サーンスのロマンスでしたが、
 他の作曲家でも《ロマンス》のタイトルが付いた曲があります。
 その曲を探して、感想を伝えてください。》


是非ご参加くだサイ💕

お気軽にどうぞっ!!!






ありがたいことに久々に4連勤しました
母と義理の母と妹夫婦にあずかってもらって、なんとか連勤終了!
お仕事は私の生きがい!と思っていますが、息子のことも気になってしょうがない自分もいる…
ただ頑張るのみ!ですね

夫はあずけることを気にすることないと言いますが、気にしてないつもりでも気になるよね
母だもん
これで良いのか?!と日々もがきながらなんとか前に進んでいます

働くママって大変
働かないママも大変

結論、母は偉大

そんな感じ





 
セントラル愛知交響楽団 《ダイドー市民合唱団による悠久の第九のお知らせ》
セントラル愛知交響楽団
《ダイドー市民合唱団による悠久の第九のお知らせ》

12月18日(水) 午後6時半から
愛知県芸術劇場コンサートホールで 

シューマン ピアノ協奏曲イ短調
ピアノ 伊藤香紀

ベートーヴェン 作曲 
交響曲第9番ニ短調 「合唱付き」

ソプラノ:大須賀 園枝
メゾ・ソプラノ:相可 佐代子
テノール:城 宏憲
バリトン:能勢 健司
合唱:悠久の第九合唱団 

指揮は セントラル愛知交響楽団 常任指揮者 
角田鋼亮でお送りします。

お問い合わせは セントラル愛知交響楽団
電話 052-581-3851まで。

番組ではこのコンサートのチケットをプレゼントします。
ご希望の方はメールで12月9日 月曜日までに、
「@FM公式サイトのメッセージ&リクエストから」お送りください。
抽選で、10組20名様にプレゼントします。
尚、当選発表は、チケット引換券の発送をもって発表と代えさせて頂きます。


問い合わせは
    セントラル愛知交響楽団ホームページから

メールは

@FMホームページ 
メッセージ & リクエストのページからお願いします。

https://fma.co.jp/f/request/

           
11月30日分「作曲者は誰だ~!?」
11月30日分「作曲者は誰だ~!?」

今週の「作曲者は誰だ~!?」は

佐井さんが先週の問題で3連敗確定しましたので
再試となりました。
新しいシーズンが始まって最初の再試です。
今週はクイズを1回お休みして、課題に答えてください。

再試の課題は・・・
先週の問題曲がサン=サーンスの【ロマンス】でしたので
曲名に因んで

《「曲のタイトルがサン=サーンスのロマンスでしたが、
 他の作曲家でも《ロマンス》のタイトルが付いた曲があります。
 その曲を探して、感想を伝えてください。》です。

佐井さんと一緒に再試に参加して下さった皆さんには
ボーナスポイントとして
100点!! 差し上げます!

このコーナーの参加を迷っている方、遊び気分で結構です。
一度ご自身で参加して楽しんでみませんか?

皆さんのご参加お待ちしています。


11月23日の「作曲者は誰だ~!?」は

1番 サン=サーンス  2番 ラヴェル
  3番 ベルリオーズ  4番 フォーレ

正解は 1番「サン=サーンス」でした。

この問題に正解の方には60点差し上げます!

佐井さんは3番「ベルリオーズ」を選んでしまったので 
不正解でした。

これで佐井さんの3連敗が決定しました。

BGM サン=サーンス 作曲 
【ロマンスヘ長調】
ホルン:水野信行  
ピアノ:青木紀子 でした。


クイズの参加、お申し込みはこちら

@FMホームページ 
メッセージ & リクエストのページからお願いします。

https://fma.co.jp/f/request/

ラジコタイムフリーを聴けば、聴き直しができますので
放送時間にメモを取れない方には強い味方です。

※ 「おはクラ名人」になると、マーシー山本、佐井さんにも会える
プライベート演奏会にご招待です。


 ※注意 応募には本名・ご住所・電話番号を
     忘れずに書いてくださいね。
   
 ※  締め切りは放送の前日までです。

          
11月30日 放送分

11月30日 放送分

今年度は、これまでクラシックの基礎を理解して
頂くためのシリーズをお送りしています。
後半もこのシリーズを展開しています。

今週取り上げるのは「ムソルグスキー」の
  《禿山の一夜》です。

今回は《原典版》と聞き馴染のある
【リムスキーコルサコフ 編曲】版との
聞き比べや聴きどころをご紹介します。

※RN フクロウ母さん からの質問にお答えしました。
~演奏会などで取り上げる曲はどうやって、
どのタイミングで決めるのでしょうか。
愛知には、セントラル、名フィル、中部フィルと
プロのオーケストラが3つあると思うのですが、
被らないように配慮したりするのでしょうか? ~  

M1 ムソルグスキー 作曲   リムスキーコルサコフ 編曲
【禿山の一夜】 冒頭部分
演奏:ロンドン交響楽団
指揮:マルコム・サージェント

M2 ムソルグスキー  作曲
【禿山の一夜 原典版】 冒頭部分 
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:クラウディオ・アバド

M3 ムソルグスキー 作曲   リムスキーコルサコフ 編曲
【禿山の一夜】 
演奏:ロンドン交響楽団
指揮:マルコム・サージェント

M4 ムソルグスキー  作曲
【禿山の一夜 原典版】 
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:クラウディオ・アバド

~クイズ(作曲者は誰だ?)~

M5 ムソルグスキー 作曲   リムスキーコルサコフ 編曲
【禿山の一夜】 ~ 朝の描写
演奏:ロンドン交響楽団
指揮:マルコム・サージェント

M6 ムソルグスキー 作曲   リムスキーコルサコフ 編曲
【禿山の一夜】  クラリネット~エンディング
演奏:ロンドン交響楽団
指揮:マルコム・サージェント

M7 ムソルグスキー  作曲
【禿山の一夜 原典版】 エンディング  
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:クラウディオ・アバド

※ ダイドー市民合唱団による悠久の第九 告知      

BGM ベートーヴェン 作曲  
【 交響曲第九番 ニ短調 第4楽章】
管弦楽:フィラデルフィア管弦楽団
指揮:リッカルド・ムーティでした。  

令和2年度 おはクラ学校出張訪問も
引き続き応募をお待ちしています。
お早目にお申込み下さい。

BGM L.モーツァルト(アンゲラー) 作曲
【おもちゃの交響曲第1楽章より】
演奏:シュターツカペレ・ドレスデン
指揮:オトマール・スイトナーでした。

                           
11月23日 おはクラ名人招待劇場 
11月23日にダイドーロボット館8階の
コンサートホールで行われました
《第5回 おはクラ名人招待劇場》の模様です。

佐井さんのブログでも紹介がありましたが
当日は
ヴァイオリン タミ・ポヒョラさん
【20代にして既に3つの国際的コンクールで優勝、
 フィンランド待望の若手ヴァイオリニスト。
 1996年日本人とフィンランド人を両親として
 フィンランドで生まれ。
 名門シベリウス・アカデミーを卒業、23歳までに
 3つのコンクールで優勝し、
 フィンランドを代表する若手ヴァイオリニストとして、
 フィンランド放送交響楽団を始め
 多くのオーケストラと共演、現在はミュンヘンを拠点に
 さらに研さんを積んでいます。
 母校からストラディヴァリウスを、ミュンヘンに移って
 からは1754年ミラノ製の
 ガダニーニを貸与(たいよ)され、常に銘器中の銘器とともに育っていらっしゃいます。】

そして ピアノ 水野佐紀さん
【名古屋芸術大学を、学長賞を受賞して卒業。
第1回山田貞夫音楽賞特選を受賞し、
セントラル愛知交響楽団と共演。
ソロリサイタルのほか、海外の演奏家との共演を重ねている。
また、器楽伴奏、アンサンブルやコンサート企画など、
精力的に活動していらっしゃいます。】

このお二人をお招きして
コンサート形式でお送りしました。

開演前の楽屋での記念撮影





会場の雰囲気は・・・



おはクラ名人の皆さん





タミさんの演奏は・・・





今回もマーシーさんが譜めくりしてますよ!



そして、表彰式です。



佐井さんも表彰して貰えました。





最後は恒例の皆さんとの記念撮影です。
どっちが良いか分からなかったので・・・
2枚とも掲載します。





今回参加できなかった皆さん、次回は是非
お越しください。
クイズへの参加お待ちしています。
このページのTOPへ