2016年7月30日(土)番組プレゼント
東海エリアのココロある人や、
ココロ躍る場所を巡る「ココロ旅」
にご登場いただいた
フローリストみき・長江さん
からいただいた

「ハイビスカスエキスBeni」



を3名様にプレゼントします。

締切は8月5日(金)当日到着分有効です。


*このプレゼントにおける個人情報の取り扱いについて
○このプレゼントにご応募された方の個人情報は、当選者の決定および賞品に関するご連絡等に使用します。
○そのほかは@FMのプライバシーポリシーに準じます。

応募はこちら
2016年7月30日(土)放送
『愛知銀行 presents 名越涼子のココロ巡り』

さあ、夏本番を迎え、毎日暑い日が続いていますが、
そんな時こそ、エアコンなどに頼らず、
日本の涼の取り方を見直してみるのも
いいんじゃないでしょうか?

この番組では、番組パーソナリティ・名越 涼子が
ココロ美人を目指して、
様々なココロある人や仕事、ココロ踊るモノと出会うため、
東海エリアをココロ巡りしていきます。

東海エリアのココロある人や、
ココロ躍る場所を巡る「ココロ旅」。



今回は、愛知県尾張旭市で、胡蝶蘭をはじめ、
観葉植物やフラワーギフトなどを取り扱う
お花屋さん、フローリストみきの
長江 康紀さんのもとを訪れました。



尾張旭市にある長江さんのお店、
フローリストみきさんに
お邪魔したんですが、
店内中にお花の香りがして、
本当に幸せな気分になれますね♪



なかでも、胡蝶蘭に対するこだわりは
かなりのもので、
見た目だけでなく、品質にも徹底的に
こだわっているそう。



胡蝶蘭の担当者が産地に出向き、
生産者の方が手しおにかけた花を
直接目にすることで、その時期に仕入れる
最良のランを決めているこだわりぶり。



もちろん、胡蝶蘭だけに限らず、生花の鮮度
にもこだわっています。
生花は鮮度が命と考え、お花のお届け日に合わせて
市場に向かい、産地から届いた新鮮なお花をすぐに
水揚げし、みずみずしい状態に戻しています。
生花も時期に合わせて産地を選び、より長持ちする
生産者の方から仕入れているそうです。



そして、お花の品質はもちろん、経験豊富な
デザイナーさんたちは、トレンドを意識して
オリジナル花束やアレンジを製作しています。
お届け先様のイメージ・用途に合わせて、
贈られた方が印象に残る素敵なお花を
提案してくれるんですよ。



女性なら、記念日じゃなくても、いつもらって
も嬉しい、花束。
でも、日本の男性のおよそ8割が花を贈った経験が
ないそうなんです。
そんな現状を改革しようと『花贈り男子』を応援
している長江さん。
普段の何気ない時に贈ったり贈られたりすると
お互いに幸せな気持ちになれるお花。
そんな文化が当たり前になるといいですよね。



また、気の利いたギフトにとことんこだわろうと、
2015年から、ワインを販売、
お花も添えたサプライズギフトとして、
心に残るプレゼントを提案しています。



お花のギフトで人々に感動を届けてきたい
と語る長江さんのココロ、
名越のココロのメモに、しっかり書き留めました。

フローリストみき


◆名越涼子のココロ巡り 公式facebookページ◆
名越涼子のココロ巡り

2016年7月23日(土)番組プレゼント
東海エリアのココロある人や、
ココロ躍る場所を巡る「ココロ旅」
にご登場いただいた
磯部ろうそく店・磯部さん
からいただいた

磯部ろうそく店の「絵ろうそく2本セット」

を3名様にプレゼントします。

締切は7月29日(金)当日到着分有効です。


*このプレゼントにおける個人情報の取り扱いについて
○このプレゼントにご応募された方の個人情報は、当選者の決定および賞品に関するご連絡等に使用します。
○そのほかは@FMのプライバシーポリシーに準じます。

応募はこちら
2016年7月23日(土)放送
『愛知銀行 presents 名越涼子のココロ巡り』

さあ、学生の皆さんは、待ちに待った夏休みが
始まって、ウキウキ気分の土曜日じゃないでしょうか?

この番組では、番組パーソナリティ・名越 涼子が
ココロ美人を目指して、
様々なココロある人や仕事、ココロ踊るモノと出会うため、
東海エリアをココロ巡りしていきます。

東海エリアのココロある人や、
ココロ躍る場所を巡る「ココロ旅」。


今回は、愛知県岡崎市で、江戸時代から300年に渡り
「和ろうそく」を作り続けている磯部ろうそく店の
磯部 亮次さんのもとを訪れました。



江戸時代から300年に渡り、変わらぬ原料と変わらぬ技法で
造られる磯部ろうそく店の「和ろうそく」。
国内産櫨蝋を100%使用した、手造りの和ろうそくを製造
しています。

和蝋燭の原料は、世界中で日本のみに生息する天然のハゼ
の実。全ての工程が手作業であり熟練するまでに長い年月が
必要なんだそうです。

愛知県岡崎市は、徳川家康公が浄土宗を加護したことで寺院
が増えたと言われ、京都に並ぶ寺院の多い地域として、
仏事に欠かせない「和ろうそく」の産地となったそうです。

現在、磯部さんは九代目店主。和ろうそくの伝統を守るため、
業界全体の未来のため、原料生産者と全国の同業者を結ぶ
ネットワーク作りに尽力していらっしゃいます。
また、仏壇・人形・染め、石などの職人を中心とした
「おかざき匠の会」を設立。地元で特産品の製造に関わって
いくこと、生業として今後も続けていくために販売に関する
知識や方法などの勉強会を開いています。



600年以上の歴史がある和ろうそく。
様々な場所で和ろうそくを発信し、日本が誇る伝統工芸を未来
へと繋げていきたいと語る磯部さんのココロ、
名越のココロのメモに、しっかり書き留めました。

磯部ろうそく店

☆岡崎あかりプロジェクト
伝統的なあかり文化とこれからのあかり文化の共存を目指す
岡崎市の特徴を発信し、あかり文化の醸成とこれからの
まちづくりに活かすためのプロジェクトで、
今年も工作教室や講演会などが予定されています。

岡崎あかりプロジェクト


◆名越涼子のココロ巡り 公式facebookページ◆
名越涼子のココロ巡り

2016年7月16日(土)番組プレゼント
東海エリアのココロある人や、
ココロ躍る場所を巡る「ココロ旅」
にご登場いただいた
奥志摩グループ・中村文也さん
からいただいた



中村文也著
「心によい神様がいれば幸せになれる」

を抽選で3名様にプレゼント!

締切は7月22日(金)当日到着分有効です。


*このプレゼントにおける個人情報の取り扱いについて
○このプレゼントにご応募された方の個人情報は、当選者の決定および賞品に関するご連絡等に使用します。
○そのほかは@FMのプライバシーポリシーに準じます。

応募はこちら
このページのTOPへ