8月25日
第21回の放送!!

↓↓今週のケリーさん↓↓



突然の真顔、、、。





『Rest at Coffee time』は
↓↓↓こちらのコーヒーをご紹介↓↓↓





『STOCKHOLM ROAST』


詳しくは、、
Morning Coffee Stand by STOCKHOLM ROAST TOKYOをチェック!!



『ケリーさん選曲ゾーン&1コメント』


① New Day - Kimie

今週もハワイアンレゲエのレコメン。Kimie(キミエ)はハワイ出身で、地元でも人気のアーティスト。
デビューは2009年。もともと2004年からサンディエゴの大学に通っていた頃にレゲエのスーパースターのバリントン・レヴィに見出されて彼の西海岸ツアーにオープニングアクトとして帯同した経歴を持っていて、そこからミュージシャンとしての本格的な道がスタートしたアーティスト。今でこそかなり流行っているキックスターター(いわゆるクラウドファンディング)でもEPをリリースしていたりもする。波の音も入っていて、とにかく涼しげなナンバーです!

MVは、、、こちらをチェック!!



② You & Me feat. G-Eazy - Marc E. Bassy

サンフランシスコ出身のシンガーソングライターのマーク・E・バシー。彼自身以前はバンドのヴォーカリストとして活動していましたが、その後ソロに転身し、ソングライターとしてもシーロ・グリーンやウィズ・カリファなどにも楽曲提供しているようなアーティスト。今回はfeatにラッパーのG-Eazyを迎えています。少しレゲエの要素も組み込まれたリズムに乗ってくる彼の歌声がまた新鮮。そしてどことなく都会感が漂うのもイケてます。ゆったり聴いていられる1曲。

MVは、、、こちらをチェック!!



③ 1-800-273-8255 feat. Alessia Cara & Khalid - LOGIC

現在27歳、アメリカのラッパーのロジックの最新アルバム「Everybody」からの1曲。
彼は白人ラッパーで、HipHopによくある自慢系のラッパーというよりは、すごくリリックがエモーショナルで内容もジェンダーのことであったりイジメについてなど、メッセージ性の強いものが多いのが特徴。
この曲でfeatされているのがこの番組でも紹介した新世代のR&Bホープのカリードと、これまた新世代の歌姫でアニメ映画「モアナと伝説の海」の主題歌も歌っていたアレッシア・カーラとなっていて、最高に聴きやすく心に沁みてくるナンバー。
内容は本当にシリアスで、黒人の少年の性自認をめぐる、周囲に打ち明けることの出来ない心の葛藤を歌っています。
曲名はアメリカに実在する自殺防止のための相談ホットラインの電話番号。
ぜひMVも合わせてチェックしてほしいです。

MVは、、、こちらをチェック!!
8月18日
第20回の放送!!

本日はGUESTに

BURNOUT SYNDROMESのみなさんに
お越しいただきました!!

7月から@FMで初のラジオ番組「燃えつきサンデー」が
日曜0時〜放送されています。

8月19日 新栄ダイアモンドホールとアポロベースの2会場で
『TRESURE05X〜BURNING DIAMONDS〜』が行われます。

そして5大都市の2マンライブツアー
『Buttrerfly in the stmach Ⅱ』が
名古屋では
9月7日(木)池下UPSETにて行われます。

詳しくは、、
BURNOUT SYNDROMES OFFICIAL WEB SITEをチェック!!



↓↓今週のケリーさん↓↓




『Rest at Coffee time』は
↓↓↓こちらのコーヒーをご紹介↓↓↓





『AMAMERIA ESPRESSO』


詳しくは、、
AMAMERIAをチェック!!



『ケリーさん選曲ゾーン&1コメント』


① Shotgun feat. Syd - Little Simz

イギリス出身、現在23歳の若きフィメールラッパーのリトル・シムズ。彼女の昨年リリースのアルバム「Stillness in wonderland」からの1曲。フィーチャリングにはLAのネオソウル系バンド「The Internet」の紅一点ヴォーカリストのSydを迎えています。ラップのスキルも素晴らしく、楽曲のテイストも他のヒップホップ/ラップ系のアーティストとは違う、アート性を帯びたものになっています。2015年にはジャイルス・ピーターソンのWorldwide Awardsで"Breakthrough Act of the Year”にも輝いたお墨付きのアーティストです。ケンドリック・ラマーも注目する存在。




② White Noise (Stripped) - Gentle Bones

以前このコーナーでも紹介したことがあるシンガポールのアーティストのジェントル・ボーンズの最近の曲。
前回紹介した時はよりアコースティックギターを駆使したオーガニックなナンバーで、Ed Sheeranを思わせるようなテイストでしたが、今回はよりR&Bやエレクトロニカなどの要素も強い作風。この曲のオリジナル版はよりその要素が強く、このstrippedのバージョンは、そこから音数が削ぎ落とされて音色も柔らかい音色になっていて、めちゃめちゃ良い曲に仕上がっています。絶対オススメな1曲。




③ You Will Always Be - Ekolu

今回もハワイアンレゲエのオススメ曲を。ハワイでも大人気な3人組のバンドのエコル。
メンバー3人とも70年代後半生まれで、マウイ島出身。学校での音楽のクラスが一緒だったことが始まり。
1999年にリリースしたアルバムからハワイだけでなくアメリカ本土でも人気となっていきました。
ハワイのグラミー賞と言われている「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」において2005、2006、2010年の「Raggae Album of the Year」に輝いている実績を持っています。とにかくハーモニーが美しくて、楽曲の雰囲気も優しい。たくさんの名曲も持っているバンドです。
8月11日
第19回の放送!!

山の日ということで、やまびこメッセージを
たくさん叫びました!!


↓↓今週のケリーさん↓↓


ケリーさん作 『ガムタワーー!!!』


『Rest at Coffee time』は
↓↓↓こちらのコーヒーをご紹介↓↓↓






『Perch WOODBERRY COFFEE ROASTERS』


詳しくは、、
Perch WOODBERRY COFFEE ROASTERSをチェック!!



『ケリーさん選曲ゾーン&1コメント』


① Everything's Right - Matt Wertz

アメリカのシンガーソングライター。ジェイソンムラーズともツアーで一緒に回ったりもしたことのある実力派です。
彼の曲で最初に聴いたのがこの曲だったんですが、その爽やかなエレキギターのアルペジオのイントロで一気に心を掴まれ、彼のちょっとハスキーで優しさを帯びた歌声にやられてしまいました。
2016年にもアルバムを発表していて、それは少しR&Bの要素も取り入れたような作風になっていますが、今回はアコースティックなサウンド感が心地いい、2008年リリースの「Under The Summer Sun」から。




② Take It Or Leave It - Sublime With Rome


アメリカ西海岸の人気レゲエパンクバンドのSublimeのバックメンバーがフロントマンにRomeを迎えて2011年リリースしたアルバム「Yours Truly」の中の曲。
元々はRomeをヴォーカルとしてSublimeの再結成を図っていたのですが、元祖のSublimeファンからの反対や亡くなったオリジナルヴォーカルのブラッドの遺族からの訴訟などもあり、Sublime with Rome名義でのリリースとなりました。
しかしながら、このRomeの実力はなかなかなんです。声もいいし、このレゲエのノリやSublimeの流れをしっかりと踏襲して表現出来ている人物。元々のメンバー達が彼を加えてSublimeを再開しようと思ったのも納得出来る気がします。
夏にオススメなケリー的ビーチソング!




③ Great Escape - Jasmine Thompson


ロンドン出身、現在まだ16歳のシンガー、ジャスミン・トンプソン。
彼女の2015年リリースのメジャーデビューミニアルバムの「Adore」からの1曲。当時はまだ15歳前後だった彼女ですが、歌声の透明感や表現力はかなり高いし、曲もすごく聴きやすいミディアムポップスに仕上がっています。
元々はYoutubeに自身の歌っている動画をアップすることから注目を集めた彼女ですが、2014年にはドイツ人DJのロビン・シュルツの曲「Sun Goes Down」でもフューチャーされました。今後どんな風になっていくのかにも注目なアーティストです。
そして今年のサマソニでも来日します。19日が大阪、20日東京いずれもマウンテンステージに登場。
8月4日
第18回の放送!!


今日のGUESTは、、、

影山ヒロノブさんにお越しいただきました。


7月25日にデビュー40周年記念オリジナルアルバム
『A.O.R』がリリースされました。

そしてライブも決まっています。
9月1日(金) 大阪・なんば Hatch 18:00 / 18:30
9月3日(日) 東京・なかの ZERO 大ホール 16:30 / 17:30
に、『影山ヒロノブ デビュー40周年記念ライブ』が行われます。

2018年2月11日 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール で
『JAM Project JAPAN TOUR 2017〜2018“TOKYO DIVE”』も行われます。


詳しくはKAGEYAMA HIRONOBU OFFICIAL SITE|影山ヒロノブ オフィシャルサイトをチェック!!


↓↓今週のケリーさん↓↓


『Rest at Coffee time』は
↓↓↓こちらのコーヒーをご紹介↓↓↓





『SWITCH COFFEE TOKYO』


詳しくは、、
SWITCH COFFEE TOKYOをチェック!!



『ケリーさん選曲ゾーン&1コメント』


① Be My Lady feat. Pieter T and Jah Maoli - Sons Of Zion

先週に続き今回も心地の良いアイランドレゲエバンドを紹介。
サンズ・オブ・ザイオンはニュージーランド出身のバンドで、ハワイでもラジオではよくかかっているアーティストです。
僕もハワイで彼らの音楽に触れて知りました。ニュージーランドからのレゲエバンドは他にもいくつかあるのですが、彼らもその代表格となってきました。
8月に突入ということで、さらにこういった曲が聴きたくなる季節になってきましたね!ビーチでもオススメの1曲。



② Caught Their Eyes feat. Frank Ocean - Jay-Z

Jay-Zの4年ぶりのニューアルバム「4:44(フォー・フォーティーフォー)」からの1曲。
昨今のHipHopシーンではKendrick Lamarの人気やLil Yachtyなどの若手ラッパーの台頭が著しいですが、そんな中リリースされた大御所Jay-Zの今回のアルバム。時代に流されることなく、ドラッグディーラーの生活を送っていた底辺からラッパーとしての大成功までを経験した彼だからこその、自らの立ち位置をしっかりと提示するような内容に仕上がっていて、HipHop界でも評価が高いです。
この曲では、これまた最近の注目株であるR&BアーティストのFrank Oceanを迎えていて、Jay-Zのブランディング力も感じます。ぜひ押さえておいて欲しい1曲。



③ Thankful For The Stars feat. Shen (Def Tech) - 名渡山遼

ウクレレプレイヤー名渡山遼さんのニューアルバム「Home Away from Home “HAWAII”」からの1曲。
ハワイのグラミー賞とも言われている「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」でも受賞歴を持つ、本場ハワイでもお墨付きのアーティスト。まだ24歳という若さですが、そのウクレレプレイを聴けば誰でも惚れ込んでしまいます。ジェイクシマブクロのジャパンツアーにも参加経験を持っていて、Def Techのライブにも参加しています。
今回の曲は、そんなDef TechからShenを迎えて作られた1曲で、本人曰くShenからは「歩くように曲を奏でると、自然とリズムが生まれる」と言われたそうで、レコーディングでもそのイメージで作っていったそうです。
今後の活躍にも注目な、僕も応援しているアーティスト。
友だち追加
@FM STAFF Twitter
ノンストップケイスケミックス
このページのTOPへ