• レポートカーとは?
  • 各地からレポート!
  • キャンペーンレポート!
イワクラゴールデンホーム G-STYLE 東野新町
9月18日は愛知県春日井市にありますイワクラゴールデンホームの分譲住宅地
G−STYLE 東野新町にお邪魔しました。

今話題の「スマートハウス」についてイワクラゴールデンホームの浅野さんにお話を
伺いました。

イワクラゴールデンホームは「心を込めて育てた、かけがえのない木を大切にする心」を
持ち続け、木の特徴・良さを知り尽くしたプロフェッショナル集団。

「人が自然や景観と共生する街づくり」を目指し、住む人の心を和ませてくれるような
住むことが誇りとなるような街に似合う「快適に暮らせる家づくり」を提案しています。

木の特性を知り尽くしているからこそ、安心して家づくりを任せられますよね。

気になるのはスマートハウスがどんな家なのかということ!

スマートハウスとは、ITを使って家庭内のエネルギー消費が最適に制御された住宅。
太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などを
コントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、O2排出の削減を実現する
省エネ住宅のことを指します。

省エネ・創エネ設備を備えた住宅がエコ住宅であるのに対し、
エネルギーマネジメントシステムで最適化されたエコ住宅がスマートハウスなんです!

さらに、G−STYLE東野新町スマートハウスの家は、立地環境も抜群!
JR中央本線春日井駅までは徒歩約10分と、通勤に便利な環境で、
近隣には公園や保育園から幼稚園、小学校や中学校もあり、育児環境も
整っています。
さらには、ショッピングセンター、医療機関なども徒歩圏内にあり、
生活全般に便利な環境なんです。

そして、G−STYLE 東野新町 スマートハウスの家では、
個性豊かなデザインのモデルハウスが9月22日にグランドオープン!

楽しい企画も用意しているので、ぜひ家族揃って足を運んで下さいね!

詳しいお問合せはイワクラゴールデンホーム 春日井営業所 0568-31-5672まで。

家族みんなが笑顔になれる素敵なお家!
夢が膨らみます!

名古屋ピンクリボンフェスタ2012
9月10日はピンクリボン月間について、ココカラウィメンズクリニック院長で
名古屋ピンクリボンフェスタ実行委員会の委員長も務める伊藤加奈子さんに
お話を伺いました。

ピンクリボンフェスタ実行委員会は多くの方に乳がんの
早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えること、
乳がん検診受診率の向上を目指して、様々な形で日々活動しています。

現在、日本女性が一生のうちに乳がんを患う頻度は約16人に1人と言われています。
乳がんの特徴に、20代からしばしば発症し40代という年齢層にピークがあります。
30歳を過ぎたら要注意!
定期的に乳がん検診を受けて下さいね。

乳がんは他のがんにくらべ、検査方法が多く存在し、治療方法も多く、
がんが早期の段階で見つかり、適切な治療がなされれば、完治も多い疾患なんです。

より早期からの発見が可能なマンモグラフィが、現在の検診の中心で、
マンモグラフィがコワイという方や20〜30代の年齢が若い方は超音波検査という方法も
ありますよ!

これからイベントもたくさん行われます!

10月はピンクリボン月間として、10月1日には東京タワーをはじめ、
日本国内だけでなく、世界的に有名な建造物もピンクにライトアップされます。

名古屋では名古屋城ライトアップと名古屋テレビ塔のライトアップが決定していて、
名古屋ピンクリボンライトアップナイトツアーもありますよ!

9月30日にはプレイベントとして、12時より名古屋南大津通り歩行者天国にて
ピンクリボン風船を3000個一斉配布。

祝日の10月8日には久屋大通公園・久屋広場と光の広場にて
名古屋ニコニコランド2012に参加、10月21日には白鳥庭園にて、
エシカルデーなごや2012に参加します。

9月30日、10月21日のイベントには名古屋市の乳がん検診バスがきますので、
ワンコイン検診、無料クーポン検診を受診できます。

名古屋広報9月号をご覧いただくか、名古屋市役所 健康増進課 052-972-2637まで
お問い合わせください。当日受付も若干名行う予定です。

ピンクリボン月間について、詳しい情報は
「名古屋ピンクリボンフェスタ」で検索して下さい。

みなさんもどこかでピンクリボンの運動に参加してみて下さいね。

伊藤先生はすごく気さくでとっても元気な方です。
みなさんも定期的に健診を受けて下さいね!

メニコンカップ2012
9月5日は名古屋市中区葵にあるメニコン本社にお邪魔しました。

9月9日に名古屋市瑞穂公園ラグビー場で開催されます
「メニコンカップ2012 第18回日本クラブユースサッカー東西対抗戦 U-15」について、
詳しいお話を株式会社メニコン 広報担当の浦野美香さんに伺いました。

まず、気になるのはなぜこの大会を支援しているのかということ。

サッカーは優れた視覚能力が必要とされるスポーツですが、メガネで戦うことは
できないですよね。

サッカー選手で目が悪い人はコンタクトレンズを使用している人が多いですし、
スポーツにおける視覚能力の大切さとともにコンタクトレンズを通じて
スポーツする喜びを感じて欲しいという願いから、数あるスポーツの中でも
サッカーをサポートしています。

メニコンカップが開催される前は中学生世代の全国レベルのサッカー大会が少ないと
言われていました。
サッカーが大好きで一生懸命がんばっている若い世代に少しでも多くのチャンスを
与えて、彼らのレベルアップにつなげたい!という思いや、
日本サッカーに貢献していきたい!という思いからこの大会をサポートしています。

このメニコンカップには、ホッフェンハイムの宇佐美貴史選手、
浦和レッズの槙野智章選手など、たくさんの選手が出場していました。

メニコンカップを経験したプロサッカー選手は100人以上いるんですが、
そのうち海外クラブで活躍する選手は現在6名、Jリーガーは現在108名となります。

当日はメニコンカップ経験者であり、名古屋グランパス所属の田中隼磨選手も応援に
駆け付けてくれるそうですよ!

キックオフは午後1時。当日券も若干あるそうです。
詳しい情報はメニコンのホームページでも紹介されているので、
ぜひチェックして下さいね!