Do!Safety 100日間無事故無違反コンテスト
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
皆さんのセーフティドライブメッセージ
12/16~12/21 Do!Safety ON AIR
セーフティドライブメッセージ
愛知県・刈谷市の、村上さん 先日大型のクレーンも着いた車で、通話しながら運転している人がいました。
狭い道路でこちらも寄っているのですが、ギリギリでした。それでも通話をやめないことにびっくりしました。通話しながらの運転は大変危険です。みんなやめてほしいです。
名古屋市・南区の、築山さん 少し前に交通事故が自分の目の前で起きました。
車同士の事故でしたが、直前までどちらの車も特段変わった動きをしているわけでもありませんでした。ほんの一瞬の運転で、事故が起こるのだということを目の当たりにして
自分自身の運転も見直そうと思いました。何気ない運転が誰かの命を奪うかもしれない、心の片隅にいつもこのことを置いて運転しています。
岐阜県・羽島市の、柳田さん お年寄りのアクセル踏み間違えの交通事故を聞くたびに、胸が痛みます。
自分の年齢と反射神経をもう一度、再確認してほしいです。
愛知県・半田市の、三浦さん 夏から冬になるにつれ、日没時間が短くなり、子供たちの行動時間と視認性が低下する夕暮れが早まるようになってきました。早めのライト点灯と、危険予知で事故を防ぎたいと思います。
愛知県・岩倉市の永井さん スマホのながら運転が凄く増えた様に感じます。一般道は勿論、高速でも速度が異様に遅い車はスマホを触ってます。前方を見ない運転が如何に危険かもっと認識してもらいたい
3名でファミリーエントリー頂いた、名古屋市・天白区の高木さん 保育士でお散歩によく出かけますが、信号のある交差点、歩行者が青でも勢いよく曲がってくる車があり怖い思いをすることがあります。
交差点では止まれるスピードで!
3名でファミリーエントリー頂いた、愛知県・常滑市の片岡さん 数年程前に娘を助手席に乗せていて信号待ちをしていた時に、後ろからワゴン車に追突されました。軽自動車だったので凄い衝撃でしたが、幸い2人ともそれほどひどいムチ打ちにはならなかったので良かったです。追突される前から瞬間までバックミラーで迫ってくる車を見ていたので、今でも信号待ちの時などはバックミラーを必要以上に見て、勢いがいい車がくると構えてしまいます。事故以来安全運転と車間距離は十分取るように心掛けてます。事故のない世の中に!
22名でグループエントリー頂いた、豊橋市消防本部 消防救急課の平尾さん 我々消防士は、一刻も早く災害現場へ向かい被害を最小限に抑えるために消防車や救急車などの緊急自動車を迅速かつ的確な判断で運転しています。今回は、更に安全意識を高めるため、@FM セーフティ・ドライバーズ・キャンペーン Do!Safety 100日間無事故無違反コンテストにグループエントリーしました。
皆さんのセーフティドライブメッセージ
12/9~12/14 Do!Safety ON AIR
セーフティドライブメッセージ
名古屋市・緑区の、高橋さん まだ運転免許とりたての初心者ですが、過去に車とバイクにはねられた事があって、もうそんな体験したくないですし、おこしたくもないので本当に安全運転頑張ります!
愛知県・犬山市の、岩田さん 休日に高速道路を運転する機会が多いのですが、その際感じる事として、高速道路を走行する際の安全運転はもちろんですが、サービスエリア内での歩行者との接触の危険があります。ドライバーの安全確認はもちろんですが、歩行者の方も決められた歩行道路を通行するなど気をつけて頂きたいです。
三重県・松阪市の、橋村さん 夕方の運転は薄暗く見辛くなって視野が狭くなりがちなので早めのライト点灯とともに、特に運転に気をつけるようにしています。一時停止や歩行者・自転車を見落とさないようシッカリ注意して安全運転を心がけたいと思っています!
愛知県・刈谷市の、石原さん 先日、子どもが向かいの道に渡ろうとして、信号待ちをしているバスの陰から飛び出しました。
調度、対向車線から車が来ていて危うく跳ねられそうになりました。
幸い対向車が速度を落としていてくれたおかげで事故にならずにすみましが、子どもには、物陰から飛び出さないように注意しました。
私自身も、止まっているバスやトラックの陰から子どもが飛び出してくる可能性があることを認識して、速度を落として運転しようと思います。
愛知県・岩倉市の佐野さん ガードレールや標識のポールが、事故で曲がっているのを見ると、車で衝突したときの相手への衝撃を想像して怖くなります。どんなにゆっくり走っていても車は凶器だと思って、気を引き締めて運転します!
3名でファミリーエントリー頂いた、愛知県・豊田市の藤原さん 先日車線変更したら、後ろの車がパッシングしてきて、その後ずっとあおり運転で追いかけられました。無理な車線変更をしたわけでもないのに、信号では横について怒鳴っていました。無視をして予定のないところで曲がり、難を逃れましたが、どうしてこういうことが後を絶たないのでしょう。ちょっとした気持ちのゆとりが交通安全の第一歩だと思います。お互いにゆとりをもちましょう。
6名でファミリーエントリー頂いた、愛知県・知多郡の伊串さん 近所の見通しのよい道路では、一旦停止無視で走る車が多いので危険です。いくら自分が優先でも、相手が、ノンストップの走行車や、左右の確認をしないパフォーマンスの一旦停止をする車がいるので、いつでも注意深く運転しています。
高齢者、子供を見たら、急な飛び出しを意識して、対応できるよう安全運転します。
6名でグループエントリー頂いた、デンソーテクノ株式会社 SSC2部 スマート組の長尾さん 先日、店舗駐車場から右折で出庫しようとしている車に対して、主要道路の左側を走行する車の運転手が譲る仕草をしたため、お辞儀をしながら出庫したところに主要道路の右側から走行する車と追突する場面を見かけました。出庫時は、譲る仕草をされたとしても慌てず左右を確認し出庫することを注意するべきだと改めて感じました。