Do!Safety 100日間無事故無違反コンテスト
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
皆さんのセーフティドライブメッセージ
12/23~12/28 Do!Safety ON AIR
セーフティドライブメッセージ
愛知県・豊川市の、加藤さん 私は、毎日運転する仕事を4年間、続けてきました。その中では、ヒヤッとする場面もありました。例えば、赤で停止する事もなく老人の方が直進してきたので、自分が青でも交差点の手前でとどまり、事なきを得たことなど。日々、かも知れない運転を心がけ、お互いが辛い思いをしないようにしたいです。
愛知県・豊橋市の、中沢さん 今年こそ愛知県の交通死亡事故ワーストを返上しよう!
私の身近でも、会社の同僚が先月右折トラックと衝突し、死亡しました。
本当に怖いです。肝に銘じて、安全運転したいと思います。
愛知県・岡崎市の、柴田さん 夜暗くなってきているのに、ライトを点灯しないで走行している車をよく見かけます。
夕方になったら自分の車両の走行を周りの自転車・歩行者等に知ってもらうため、
早めのライト点灯を心がけて安全運転しています。
愛知県・愛知郡の、青山さん 時としてヒヤリ、ハットの瞬間があります。そのとき「よかった」で済まさずに、事故になってしまったら被害者の方、その家族、そして自分の家族がどんな思いとなるのか、想像をしてみて身震いすることがあります。
その思いを戒めにし、より一層の交通安全ルールを守っていきたいと思います。
名古屋市・西区の山田さん 横断歩道で、渡ろうとする人をみたら、必ず止まって下さい!先日、私が横断歩道を半分まで渡ったところ、車が前を通過して行きました。危うくぶつかる所でしたが、警察が見ていて、検挙してくれました。大切な命を守るために、慎重に運転してほしいものです!
2名でファミリーエントリー頂いた、名古屋市・西区の川原さん 先日、勤務先の前で自転車と車があわや接触事故という場面に遭遇しました。事故にはならなかったものの、一歩間違えれば大事故でした。私もハンドルを握るものとして、常に時間に余裕をもって運転したいと思いました。
5名でファミリーエントリー頂いた、名古屋市・天白区の安井さん 朝の通勤時間帯は、急いでいる人が多く危ない運転を見かけます。そんな時に、一旦停止の道路で、相手の方が優先なのに笑顔で先に行くように譲ってくれることがあり、ほっこりした気分になりました。1日のスタートは、自分もこうでありたいと思います。
14名でグループエントリー頂いた、株式会社デンソーダイシン 刃具製作課の長瀬さん ここ4年で若手を増員しました。職場はずいぶん活性化してきましたが、反面心配事も増えました。全員車通勤もその一つ。毎月のように展開される事故のニュースが他人事とは思えません。無事故無違反を継続できるよう、毎日メンバー間で声を掛け合います。
Do!Safetyとは?
 愛知県県内では毎年、残念ながら数多くの方が交通事故の犠牲となっています。昨年も交通死亡事故者数が減少したものの、全国ではワースト1に数えられる交通事故多発県となっています。

FM AICHIは地域に根ざしたメディアとして、ラジオ放送を通じて交通事故の悲劇を少しでも減らす役割を実現したいと考え、1999年の開局30周年に県下のドライバーを中心としたリスナーに対して交通安全の意識高揚をはかるステーション・キャンペーン “Do! Safety” をスタートしました。

2002年には愛知県交通安全推進協議会(会長:神田真秋愛知県知事)から、メディアでは唯一の団体として交通安全功労団体として表彰を受けました。

その結果、2019年2ndステージまでで525,023人のリスナー・ドライバーが参加しております。

22年目を迎える今年も引き続き「FM AICHI SAFETY DRIVERS CAMPAIGN “Do! Safety”」として展開します。