エフエム愛知
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
皆さんのセーフティドライブメッセージ
11/11~11/16 Do!Safety ON AIR
セーフティドライブメッセージ
愛知県・岡崎市の、野田さん 以前青信号になった際に出発しようとしたら、自転車が信号無視で横断歩道を渡っていきました。動き始めたところだったのでぶつからずに済みましたが、車だけでなく、自転車、歩行者の方も、交通ルールを守って事故を未然に防いでいきたいですね。
名古屋市・緑区の、宗像さん ウィンカーを出さずに車線変更したりする車が本当に多いと思います。
いわゆる名古屋走り。そんな嫌な名前がこれ以上広まらないようにしたいものですね。
一人一人が思いやりを持って運転をしてほしいです。
名古屋市・西区の、石原さん 先日出勤途中で事故を起こした車に遭遇しました。
左前方が破損した状態で、運転されていた方は見られなかったのですが、酷い怪我では
ないのだろうと思っていました、、、
ところが事故車横を通り過ぎ右折した所でもう一台、上下ひっくり返った車がありました。
無理な運転をしたのでしょう…
もしこれが自分自身だったらと想像したら鳥肌がたちました。
朝の通勤は余裕を持って安全運転で走行したいと改めて肝に銘じました。
名古屋市・中区の、米澤さん 以前事故を起こしてしまい、最初なぜだったのか分かりませんでした。
冷静になって考えると不注意でした。標識を走りながら見つめていました。
加齢とともに動体視力、反射神経が低下していることも実感。
改めて注意をはらってハンドルを握りたいと思います。
愛知県・岩倉市の小椋さん 私は仕事でトラックに乗っています。小さい子供を見ても、お年寄りの方を見ても自分の家族の顔が浮かび、自然に優しい気持ちになりスピードが落ちます。みんながみんなを思いやる気持ちを忘れないことが安全運転につながる気がします。
5名でファミリーエントリー頂いた、名古屋市・東区の伊東さん 車にも注意は必要ですが、自転車にも注意をしていないと接触等の危険が多く、いまだにスマホを見ながら自転車に乗っている人も見かけます。歩道の中を歩いていても危険だらけでお互いが十分注意していないと思わぬ事故になるので、歩道の中でも注意して歩いています。
2名でファミリーエントリー頂いた、名古屋市・天白区の北澤さん 自分が小学生のとき、父が事故にあったのが衝撃的で忘れることができません。ガラスが体にささり、まさにホラーでした。幸い命に関わることは、なかったですが、大人になった今でも思い出すと、身震いするほどです。ほんとに気をつけていくことに十分すぎることはないと日々感じながら、運転を心掛けています。
14名でグループエントリー頂いた、丸喜(まるき)株式会社 名古屋支店の松浦さん 年末に掛けてお酒を飲む機会が増えて来ますが、翌日に車を運転する予定がある場合はお酒の量を考えて飲むように心掛けます。二日酔いでも飲酒運転です。昨日のお酒も気をつけましょう!!
皆さんのセーフティドライブメッセージ
11/4~11/9 Do!Safety ON AIR
セーフティドライブメッセージ
名古屋市・緑区の、盛田さん あおり運転のニュースを見ていて思うのは、自分のことしか考えていないドライバーが年々増えている気がするということです。運転中に気持ちの余裕がないからか、他の人のちょっとした運転が目につき腹をたてる人たち。本当に悲しくなります。運転する時は、いつも車内に大切な人を乗せているような心持ちで向き合ってほしいし、私自身もそうしていきたいです。
名古屋市・天白区の、堀池さん 昨年名古屋に引っ越してきました。名古屋は道が広く、車線変更が沢山必要になりますが、ウインカーを出すタイミングが車線変更の直前だったり、出さない車も多く見かけます。
急に車が前に入ってくると、ヒヤっとすることもあるので、ウインカーを早めのタイミングで出す事と、車間距離を取って走る事の大切さを改めて感じました。
名古屋市・昭和区の、平野さん ここ5年以上全く事故してません。一度事故してから気をつけて運転しております。
経験者は語るといいますが、本当は良くないことですが事故してから気づいたことが沢山あります。これからも、もらい事故も含め、事故しないように安全運転を心がけます。
愛知県・瀬戸市の、木村さん 黄色どころか赤信号で交差点に進入する車が多過ぎ! 横断歩道で歩行者が渡ろうとしているのに止まらない車が多過ぎ! 信号交差点は極力イエローストップ。 横断歩道は必ず歩行者優先で安全運転を。
名古屋市・緑区の服部さん 今までDo!Safetyの存在は知っていたけど、他人事のように聴いていました。ただ・・・.6月に停車中追突事故に遭い…未だにその後遺症で苦しむようになり…みなさんのメッセージの重みを感じるようになりました。もう少し車間距離をあけてくれれば…もう少しスピード落としてくれれば…。事故はいつ自分の身に降りかかってくるかわからない。常に優しい気持ちを忘れずに運転しようと思います!
2名でファミリーエントリー頂いた、愛知県・丹羽郡の山田さん 自分は仕事でトラックを運転しているのですが、ウィンカーを出さずに車線変更をする人、強引に割り込んだあげく急にブレーキをかける人が多すぎる様に感じます、トラックは急に止まる事が出来ないため車間距離を多くとって運転しています、10トン車だったら荷物を積んでいると、総重量25トンに達します。こんな重量のトラックが急に止まれる訳がないので、トラックの前に入ろうとする時は十分注意して下さい、トラック運転手も注意して運転しています。
4名でファミリーエントリー頂いた、名古屋市・緑区の水野さん 昨年、残念ながら事故を起こしてしまいました。幸い大事には至りませんでしたが、今年こそは絶対に無事故で家族の幸せを守りたい決意であります。
9名でグループエントリー頂いた、日本郵便株式会社 稲沢局 集配2班の
中村さん
主に車間距離をとっていないことが原因の事故が多いので、車間距離をしっかりとり、譲り合う気持ちを忘れず、グループ全体、無事故で乗り切ります。