エフエム愛知
ラジオアプリでオンエアを聴く!
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
皆さんのセーフティドライブメッセージ
11/5~11/10 ON AIR
セーフティドライブメッセージ
愛知県・知多郡の、高場さん 我が家には、小さい子供たちがいます。子供たちの手本となれるように、しっかりと交通ルールを守りたいと思います!
3名でファミリーエントリー頂いた愛知県愛西市の野口さん3名でファミリーエントリー頂いた愛知県愛西市の野口さん愛知県・瀬戸市の、渡部さん 家の近所で、狭い急な坂道の上り下りや、曲がり角で見ないで突っ込んでくる車がよくいて、いつもびっくりさせられ、怖い思いをします。特に急な坂道だと停止したあと発進するのが怖いので、確認してから入ってきてほしいです。
愛知県・一宮市の、佐藤さん 赤信号でも平気で通過する車が多すぎます!とてもとても危ないですし、そんなに急いでも変わりません!車を運転する際は、心にゆとりをもって安心、完全、信頼の3つを思いながらお願いします!みんなで守れば事故減りますから!頑張りましょ!
愛知県・田原市の立岩さん 愛知県は本当に車が多い地域でもあり車を利用する方も多いです。皆さんの意識、運転マナー向上に努めて欲しいと思います。
2名でファミリーエントリー頂いた、名古屋市・北区の伊賀さん 名古屋走りが相変わらず横行しています。皆さんの一人一人の安全運転の心があれば失う人生がなくなると思います。
2名でファミリーエントリー頂いた、愛知県・豊橋市の水谷さん 8年前に埼玉県から愛知県に嫁いできました!不名誉である、毎年交通事故ワースト3(スリー)以内に必ず入る埼玉から愛知へ。私見ではありますが、とにかく埼玉も愛知もスピード出しすぎの方が多い!もう少しゆっくりできないかな~と毎日思います。私はゴールド免許を15年保持しています!真面目に運転している人も少なからずいるんです。皆で協力しあって事故を一件でも減らしていきたいです!
25名でグループエントリー頂いた、新生テクノス株式会社 名古屋新幹線支店 新幹線名古屋営業所の川田さん 私たちの職場は、夜勤主体の職場で移動に車を使っています。仕事終わりの際は、凄く眠たい時が有りますが、@FMを聞いて居眠り運転しないよう頑張ってます。最近は、私たちの職場内での交通事故が多く発生しております。本キャンペーンに参加し少しでも事故を防げるようになればと思い参加いたします。
5名でグループエントリー頂いた、訪問看護ステーション「ほたるきた」の
中野さん
車に乗っているときも、バイクに乗っているときも、自転車に乗っているときも、それぞれの目線だけでなく、相手の目線にも立って運転ができるといいなとおもいます。
皆さんのセーフティドライブメッセージ
10/29~11/3 ON AIR
セーフティドライブメッセージ
愛知県・豊田市の橋本さん 悲しい事に交通ルールを無視し、ヒヤッとする運転をするドライバーが一部います。お互いに辛い思いをしない為にきちんと交通ルールを守りましょう。
3名でファミリーエントリー頂いた愛知県愛西市の野口さん3名でファミリーエントリー頂いた愛知県愛西市の野口さん名古屋市東区の本田さん 他県から引っ越してきて6年目ですが、最近やっと少し名古屋の運転にも慣れてきました。車間距離が近いこと、ウインカーを出さないこと、赤信号ギリギリでも進むことがやっぱり多いなあと感じて、始めは戦々恐々だったことを思い出します。車線変更が苦手なので、車線の多い道は早めに次どちらに曲がるかを確認しています。
名古屋市中川区の山田さん 路線バスやトラック会社が、交差点左折時に横断歩道の手前で一時停止する様に、みんなで横断歩道の歩行者を守っていけたら良いと思います!
愛知県・半田市の川合さん 小さい子どもをチャイルドシートに座らせず、運転している車の後ろを走ることがあります。事故になったときには遅いので、これからも子供はチャイルドシート、運転中は無事故無違反を守りましょう。
3名でファミリーエントリー頂いた、名古屋市・中川区の水野さん 自分も運転することが多いので,愛知県の交通事故の多さは他人ごとではありません。運転していてヒヤッとすることもよくあります。みんなが運転免許を手にしたころの初心を忘れず,思いやりの心をもって,交通安全に気を付けていけたらいいなと思います。
2名でファミリーエントリー頂いた、愛知県・あま市の小坂さん 初めて応募させて頂きます。運転に関しては、速度も常に気にしながらですが車間距離も余裕もつように注意しています。愛知の方は、すごく前の車にぴったりのような気がして、、事故に繋がるので、皆さん余裕もってほしいと思います。
20名でグループエントリー頂いた、大島造園土木株式会社 豊田支店の日比さん 安全を確保するには一人ひとりの自覚と実践が必要ですが、それを意識付け、推進するには組織の力も必要だと考え、今回エントリーしました。自分たちだけではなく、社内全体につながる活動に賛同します。
12名でグループエントリー頂いた、株式会社デンソー先端技術研究所・パワエレ応用研究室の木村さん 私たちの職場では毎日メンバーのヒヤリ体験を紹介し、どうすれば事故を防げるか話し合っています。今回も100日間の無事故無違反達成できるよう、がんばります。